-

花はとてもいいものです。私は男ですが、そのように思います。なぜなら被写体としてピッタリだからです。私はカメラを獲るのが好きですが、人を撮るよりも自然を撮ることを好んでいます。人を撮るというのが嫌いなわけではないのですが、カメラを買って自然を撮ったことで、それまで気付くことができなかった自然の美しさに感動を覚えたからです。それ以来、どこかに出かけてはカメラで自然を撮っています。 中でも気に入っているのが花です。花は遠くから撮っても美しく、また近くから接写してもキレイです。また、いろいろな色を生み出してくれます。自然の中に様々な色が生み出されているのは花のおかげであると言っても過言ではないと思います。人工的に生み出されたものではないためか、花が生み出すナチュラルな色は見る者に安心感を与えてくれます。撮っていても、ただ見ているだけでも安心感を得ることができます。これからも自然の中に咲く花を写真に収めていきたいなと思います。