-

最近、実家から本を30冊くらい持ち帰ってきました。 私の実家にはたくさんの本があるのですが、本のジャンルは圧倒的に小説が多いです。 私の母はとても読書家な人だったので、家には大きい本棚にすら収まりきらないくらいたくさんの小説があります。 小説を子供の頃からよく読んでいた私は、あまり国語が苦手に感じることはありませんでした。 小説は、読み始めると本当に楽しいですし、登場人物が体験したことであったり、小説に出てくる時代背景や環境などを間接的に自分が体験できるというのが面白いなと思います。 小説を読むときは、私の場合は電車の中だったり、病院などの待ち時間であったり、自宅でくつろぎたい時などが多いです。 最近は忙しくてなかなか小説を読んでいませんが、毎日少しずつでも読書の習慣を受けたいなと思っています。 いろいろな本のジャンルがある中でも、小説は圧倒的に人気があるものですし、万人受けしやすいと思います。 私は定期的に、本屋さんに行って小説の新刊をチェックしています。